コスパが優れているHUIONの液タブを紹介!その魅力は付属品?

HUION 液タブKamvas Pro13 GT-133/Kamvas Pro12 GT-116専用3IN1ケーブル Type-C USBサポート接続端子

液タブは高額なイメージを抱いている方は多いかもしれませんが、HUIONの液タブの中には『Kamvas Pro13 3IN1ケーブル』のように、コスパ(コストパフォーマンス)が優れている製品もあります。

この液タブは値段が安くなっている上に、付属品が充実しているのです。

そのため、今まで液タブを購入したくても、値段が高くて購入できなかった方には、興味深い製品だと思うので本製品について解説しましょう。

製品情報の内容

本製品は、付属品が充実している上に、リーズナブルな価格になっていますが、この液タブに対応可能なOSをパソコンにインストールしておく必要があります。

そこで、本製品の性能を説明する前に、まずは製品情報の内容について紹介するので、確認してみて下さい。

3 IN 1 ケーブル

液タブは、よほどの上位機種でなければパソコンと併用する必要があります。

しかし、パソコンと液タブを接続しようとしたら、多くのコードを接続する必要があるので、パソコンデスクの上が散らかってしまいます。

そのような状態で、イラストを制作しようとしたら、手がコードに引っかかってしまって、液タブが故障する原因にもなってしまうので注意しなければいけません。

ところが、本製品の付属品『3 IN 1 ケーブル』は、1本のケーブルだけでパソコンと液タブを接続する事ができます。

そのため、パソコンデスクの上を綺麗な状態で利用したい場合には、本製品はおすすめの液タブです。

ペンスタンド

液タブは、専用ペンを液晶画面に接する事によって、線や色を引いていく事ができます。

この専用ペンはコードレスタイプになっている機種が多いので、不注意によって、パソコンデスクから落としてしまう事があります。

もしも、パソコンデスクから専用ペンを落としてしまえば、ペン先が折れてしまう事になるので、気を付けなければいけません。

そこで、本製品は『ペンスタンド』がセットになっていて、専用ペンをセットできるようになっているのです。

このペンスタンドは専用ペンを縦向きにセットできるので、パソコンデスクの上で転がらないようになっているので、落下する可能性が低くなっています。

必要なシステム

本製品に対応可能なOSは、Windowsは10・8・7で、Mac OSは最新バーション(2018年12月10日時点)になっています。

もしも、これらのOSが、あなたのパソコンになければ、インストールする必要があります。

ただし、パソコンに新しいOSをインストールした場合には、重要なデータが無くなってしまう事があるので注意しなければいけません。

そのため、新しいOSをインストールする場合には、事前に重要なデータだけでもバックアップするようにして下さい。

リーズナブルな価格

液タブは本来であれば高額な機種になっているので、これほど付属品が充実していたら、本当に値段が安くなっているのか、心配になってしまった方は多いでしょう。

ところが、本製品は本当にリーズナブルな価格になっていて、Amazonでは税込価格37,230円で販売されているのです(2018年12月10日時点)。

実際に、高額な液タブになれば、300,000円にもなる機種はあるのです。

それを考えたら、本製品は高額な機種に比べて、10分の1程度の値段になっているので、いかにコスパが高い機種か分かるでしょう。

Kamvas Pro13 3IN1ケーブルの性能

本製品のようにリーズナブルな価格になっている液タブでは、性能が低くなっているのか心配になってしまう方は多いはずです。

そこで、本製品の性能が、どの程度のものか紹介しましょう。

筆圧レベル

液タブの性能を左右するもので『筆圧レベル』があります。

この筆圧レベルが高くなっていれば、線や色の幅が広がっているので、太い線から細い線まで描き分ける事ができますし、狭い範囲を塗る事もできれば広い範囲を塗る事も可能です。

それでは、本製品の筆圧レベルはどうなっているのかと言えば『8192レベル』もあります。

このレベルは、現在であればトップクラスの数値なので、本製品は高性能な液タブと言えるのです(2018年12月10日時点)。

高解像度

液タブは、板タブとは違って液晶画面でイラストが表示されるので、解像度の高さも重要になっていきます。

本製品は、その解像度が1920×1080ドットもあるのです。

1ドットにつき1つの点が表示される事を意味していて、1つの点には線または色を表示できるようになっています。

つまり、本製品は横方向に1920個の点と、縦方向に1080個の点を表示できるようになっているのです。

そのため、なめらかなグラデーションや線を表示できる液タブになっています。

反応速度

本製品は『反応速度』が早くなっていて『266PPS』もあります。

このPPSの数値が低かったら、反応速度が遅くなってしまって、専用ペンの動きについてこれなくなる場合があるのです。

もしも、反応速度が遅い液タブを利用してしまえば、なめらかな線を引く事ができなくて、カクカクとした線しか引けなくなって、あまりイラスト制作に集中できなくなってしまいます。

そのような事を考えたら、反応速度が早くなっているのも、本製品の大きな魅力です。

本製品のショートカットキー

本製品のボディ部分には『ショートカットキー』が4個も搭載されています。

ショートカットキーは、ペイントソフトの機能を割り当てる事ができるので、今までマウスまたは専用ペンで、ツールをクリックする必要があったのが、指でワンタッチ操作が可能です。

本製品のショートカットキーは、左側に配置されているので、右利きの方には操作しやすくなっています。

しかし、左利きの場合には専用ペンがショートカットキーに接触する可能性があるので気を付けて下さい。

利用者たちの満足度

本製品は、コスパが優れている液タブですが、意外にも利用者たちの中には不満を抱いている方もいるのです。

そこで、本製品を購入してから後悔する事がないように、利用者たちの口コミを紹介するので、参考にしてみて下さい。

好意的な口コミ

本製品を利用している方たちの中には、専用ペンのフィット感が優れている所を気に入っている方がいました。

実際に、本製品の専用ペンは指でつかむ部分が少しへこんでいるので、持ちやすい専用ペンになっているのです。

手が滑りづらい専用ペンになっているので、本製品であれば作業時間が長くなっても、あまり指が疲れないようになっています(個人差があるので注意)。

さらに本製品は、高解像度になっている事もあって、画面に映し出される色の美しさに満足している方もいました。

否定的な口コミ

本製品の液晶画面に専用ペンを接しようとしたら、ペン先が沈み込んでしまうケースがありました。

実際に、専用ペンのペン先が沈み込んでしまえば、なめらかな線を引く事が難しくなってしまいます。

そのため、本製品の使用感に慣れるまで時間をかけてしまう可能性が高いので、あまり専用ペンを強く押し付けないようにして下さい。

まとめ

本製品は、高機能な液タブになっているのに、値段が安くなっているので、多くの方たちが満足できる液タブになっています。

専用ペンのペン先が沈み込んでしまう所は注意しなければいけませんが、それは何回も利用しておけば慣れていく事は十分に可能です。

そのため、使用感よりもコスパを重視している場合には、本製品はおすすめの液タブです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です