液タブにはどんな特徴やメリットがあるのか気になる!3台の液タブをデジタルイラストの上達の参考にしませんか?

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD 【2015年モデル】 DTK-1301/K0

時代の変化と共に絵を描くツールが大きく変化していき、ついに液タブが販売されるようになりました。

ここではおすすめの液タブを取り上げて、デジタルイラストの興味を深めたい方の関心を惹き付けることが目的です。

自分に合った液タブがないものか…と苦労している方は、ここで得られる情報を液タブ購入に役立ててみませんか?

液タブの特徴とメリット

液タブは液晶画面に直接ペンを入れられるようになっていて、線をダイレクトに描画できるのが大きな特徴です。

見ている箇所と線を引く箇所がピッタリだから、紙に絵を描いているのと大差無いのが液タブの凄いところ。

タブレットPCの画面などに絵を描き込んでいるみたいな使用感が、描き易さが追求されている機器であることを裏付けています。

アナログイラストを描いていた方も、ペンタブみたいな使いづらさをそれ程感じることなく使いこなせるようになるのは簡単です。

板タブだと別のモニターに線が引かれるため、若干描きにくさを感じてしまうもの。

こうしたことから、自然な描画をしたい方でも満足できる液タブが生み出されたわけです。

意図した部分に線が引ける分やり直す頻度が少なくなり、絵を描き上げるまでの時間短縮になるのも強み。

慣れるまで時間が掛かるとされているデジタルイラスト作成のデメリットを液タブで解消できるため、抵抗無くデジタルイラストに挑戦する方の増加が予想されます。

DTK-1301/K0

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD 【2015年モデル】 DTK-1301/K0

ワコムのフルHD液晶のDTK-1301/K0は、サイズがコンパクトでありながら大画面です。

13.3型であり、小さな画面で描きにくいと感じている方のおすすめ商品。

サイズが小さい分作業スペースを確保し易く、広々とした作業空間で快適な描画タイムを満喫♪スタンドは自由に付け外しができて、手に持ちながら使用する際にスタンド無しにできます。

逆に液タブを持つとグラついて安定せず、机などの平らな所に液タブを置くと見にくいのが気になる方にはスタンドが付いていると嬉しいもの。

スタンドで本体を斜めにできるから、パソコンを見るような自然な角度で見にくさを解消。

まるでキャンパスのような安定度の高さが、アナログイラストと同様な描き心地をユーザーに味わわせます。

液タブにアナログイラストの要素を盛り込んだDTK-1301/K0は、2017年のおすすめ液タブランキングで第1位に選ばれました。

さすが第1位ともなると、絵の描き易さにも配慮されていますよね。

高画質で筆圧対応のタッチペン

優れた色性能と解像度を誇り、1677万色を表示できます。

鮮やかな色合いが絵を描きたい気持ちを後押しして、気付けば何時間も液タブを使っていたなんてこともありがちなこと。

タッチペンは筆圧対応であり、2048レベルの筆圧を体験できるそう。

ペンの傾きも感知できるので、より自然な描き心地を味わえます。

液タブのタッチペンは違和感があって気になる方は、DTK-1301/K0でこれまでに無い快適な描画を実感してください。

ファンクションキーなどで操作性を高める

4つのファンクションキーはカスタマイズ可能なので、一人ひとり使い易いキーの割り当てで作業効率を高められます。

デフォルトなファンクションキーだと使いにくい方のおすすめ液タブで、これだけは譲れない!

のキーの配列がモチベーションアップにつながります。

リングキーなどでショートカットを実行できて、行き詰まりがちな作業をスイスイ進めることだって余裕♪デジタル機器を使いこなすにはショートカットの活用も重要ですし、液タブにもショートカットを盛り込んだのは革新的!

絵を描くために液タブを使うのが珍しくなくなったからこそ、ショートカットを駆使した作業が多くの方に求められるようになったのです。

様々なコンピュータの接続ができる専用接続ケーブル

専用接続ケーブルはまとめ易く、WindowsやMacへの接続もできます。

あらゆるコンピュータへのセットアップを可能にする液タブは、使用範囲の広いデジタル機器であることを意味しているようなもの。

パソコンに液タブを接続できないばかりに、デジタルイラストの作成が叶えられないのはなるべく避けたいですからね。

Macユーザーが増えていますし、メジャーなパソコンになりつつあります。

こうした社会情勢に沿ったコンピュータのセットアップが液タブの人気を高めている理由の一つです。

ペン先と画面のズレに強くてコスパが良い

実際にDTK-1301/K0で絵を描いた方は、ペン先と画面のズレを気にせずに作業できたそうです。

ペン先や画面に少しでも違和感を覚えたら、思っていた通りの絵が描けずにやる気を削がれてしまいます。

だからこそ画面のズレなどを改善した液タブで、絵の勉強をしたい方のニーズに応える必要性が浮上してきたわけです。

価格は85,136円と液タブにしては安いので、コスパ重視でデジタルイラストを上達したい方のおすすめ商品でもあります。

HUION GT-220V2

HUION GT-220V2 IPS液晶21.5インチ液晶ペンタブレット フルHD液タブ シルバー (V2 シルバー)

HUION GT-220V2は21.5インチの大画面なので、作業範囲の広さを重視している方にピッタリ。

ペンと紙で絵を描いているのではないか?

と錯覚させそうな描き心地がユーザーを惹き付けるポイントです。

画面に直接ペンを入れるならば、アナログイラストに近い描画ができる液タブを使いたいと思うもの。

ペンの筆圧は非常に強いようで、絵のクオリティを高めるための描き味をアップさせます。

2048レベル筆圧に対応しているため、ユーザーが求める絵に近づけるのは容易いです。

モニタースタンドは10°~80°まで調整できて、手首が疲れにくくなっています。

効率的な作業を実現させるには、疲労軽減効果が高い液タブの使用も大切なこと。

デュアルディスプレイにも対応可能で、作業のし易さが追求されています。

柔軟性の高い作業とは、HUION GT-220V2のようなデュアルディスプレイへの対応力もおおいに関係していると言っても過言ではありません。

DTH-1320/K0

ワコム Wacom Cintiq Pro 13 液晶ペンタブレット 13.3 インチ Full HD 液晶タブレット Wacom プロペン2付属 Mac Windows 対応 DTH-1320/K0

DTH-1320/K0にペンホルダーが付いていて、タッチペンの使用後で無くしてしまう方には有り難いですよね。

タッチペンが無いとデジタルイラストが描けませんし、紛失し易いペンの収納場所の確保も使い易い液タブの条件です。

プロペン2が付属されており、自然な傾きで描画の質向上につなげられます。

従来の4倍の精度と8192レベルの筆圧感知が備わっていて、今の時代に求められるタッチペンとは正にこのこと!

とユーザーを納得させるに値しているではありませんか。

タッチスクリーンは滑らかで平らなガラスが用いられているので、さながら紙に絵を描くかのようなナチュラルな描き心地も目の付け所。

ディスプレイの角も描画できて、隅々まで綺麗に描き上げたいユーザーの要望に応えるのに十分な液タブです。

細かい部分にペンを入れるために拡大したり、キャラの全体像を確認するために縮小させるのもお手の物。

更に絵を回転させることも可能で、キャラの向きを変えて描き易い角度にできるのもいいですね。

まとめ

この記事を最後まで目を通した方は、液タブの特集が役に立ちそうですか?

デジタルイラストは敷居が高いから手が出せない…と断念していた方もその機器でもう一度チャレンジしよう!

と気持ちを新たにできることを願います。

絵を描くことは夢や希望を作り出す創造性豊かな行為なので、それを後押しする液タブの普及は誠に生産的です。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です