通販サイトで4万円以下で買える、最新かつ低価格な液タブ2選

GAOMON 15.6インチIPS液晶ペンタブ 10個ショートカットキー 8192レベル充電ペンとスタンド付き液タブPD1560

イラストを描く際に今は必須とも言われているのが液晶タブレット、通称液タブです。

ツイッターなどでも液タブでイラストを描いている人は多く、これさえあればイラスト環境は半分揃うので趣味アイテムとしても人気があります。

そんな液タブは購入しにくい値段をしていたりします。

今回は液タブの中でも最新かつ低価格で、比較的購入しやすい液タブを2つ紹介したいと思います。

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ

XP-Pen 液タブ 液晶ペンタブレット 15.6インチ バッテリフリースタイラス フルHD 筆圧8192レベル 6個エクスプレキー Artist15.6

XP-PENが販売しているバッテリフリースタイラスのペン、 フルHDのディスプレイ、筆圧感知は8192レベルという高レベルさ。

そして6個のエクスプレキーを搭載してある高機能な15.6インチの液晶タブレットです。

更にtypeCUSBポートもついてあり、接続も簡単。

他にも輝度調整のボタンも別でついてあるので、色んな場所で簡単に輝度をお好みに調整出来ます。

また、よりスムーズになるように色んな場所が最新のパーツになっていますし、描き心地もよりアナログに近い形に出来る液晶タブレットでもあります。

価格は37,998円。

Amazonなどの通販サイトでこの低価格さで販売してくれています。

液晶タブレットのスペック

まず液晶タブレットのディスプレイはフルHDのIPSディスプレイを採用。

解像度は1920×1080となっておりかなりの高解像度でより綺麗にイラストを描く事が出来ます。

そしてペンはバッテリー要らずのスタイラスペンを採用。

ペン自体の筆圧感知8192レベルと実際のブラシや筆を操作しているかのようなレベルで描けるようになっています。

コアチップも旧モデルより更にグレードアップした高性能チップを使用しており、より快適により自分の思い描いている通りに線が引けます。

対応OSはWindowsの場合は7から10まで対応しています。

MacOS Xの場合は10.8以降に対応しています。

同梱として替え芯やペンホルダーだけでなくクリー二ングクロス、2本指グローブなどもついています。

口コミのコメント

口コミのコメントは概ね高評価であり、レビューの星の数も5つ星評価ばかりでした。

感想で1番多かったのがコスパの良い液タブというのであり、低価格でかっこよくパフォーマンスもワコムや他の液タブと同等かそれ以上に感じるとの感想がたくさんありました。

これからの性能アップなどの将来性も期待できる液タブだとも言われており、使用者の満足度もかなり高いようです。

役に立ったと言われたコメント

口コミの中でも特に色んな人から役に立ったと言われていたコメントでは、初心者から中級者までおすすめできる液タブだというコメントでした。

低価格なのに安っぽく無く、更に最初からノングレアの保護フィルムが貼ってあるのも初心者には良いとも。

更にコメント内で赤いUSBケーブルは充電用なのでパソコンに接続し無いようにとも注意してあり、そこが役立つと言われているほど評価されてもいます。

あと注意としてPhotoshopなどあらゆるソフトウェアに対応はしてますが、クリスタの場合は筆圧と手ぶれの設定が不可欠であり、最新のドライバを使わないといけないとも言っており、その点もかなり役立つコメントとなっています。

GAOMON15.6インチIPS液晶ペンタブ PD1560

GAOMON 15.6インチIPS液晶ペンタブ 10個ショートカットキー 8192レベル充電ペンとスタンド付き液タブPD1560

GAOMONが販売している10個のショートカットキーがついていて筆圧感知は最高度の8192レベル、そして充電ペンとスタンドが付いた液晶タブレットです。

スタンドは人間工学的により見やすく置きやすいように作られたスタンドになっており、タブレット背面のスイッチをドラッグする事でより良い角度調整が可能です。

更に2台同時作業や、180度回転するという機能もあり、使いやすさを突き詰めた液晶タブレットと言えます。

価格は39,999円。

通販サイトで4万円以下で購入可能な液晶タブレットでもあり、人気もかなりあります。

液晶タブレットのスペック

液晶タブレットのスペックもとても優秀です。

まずディスプレイはフル回転可能なフルHDのIPSディスプレイであり、解像度は1920×1080と高解像度。

視野角自体も178度とかなり広く、色んな角度から眺められます。

ペンは充電式のペンであり、筆圧感知レベルも最高の8192レベル。

ペンホルダー内には8つのペン先があり、底部には芯抜きとしての機能もあります。

対応OSは、Windowsの場合は7から10までのOSが対応しています。

Macの場合は10.11.0以降に対応しています。

同梱には各種のケーブルや充電器やペンホルダー、多言語マニュアルだけでなく2本指グローブ、フェルトポーチなど使い勝手を良くするアイテムも含まれています。

口コミのコメント

口コミのコメントは総じて安いのに高機能で不満がないと言われており、レビューの星の数も5つ星ばかりでした。

特にはライトユーザー向けで、気軽に使いたいという人にはかなりおすすめだという感想が多く、安いから扱いがぞんざいで使ったり使わなかったりの機会がバラバラな人ほど安さがありがたいと言われていました。

初心者でも簡単に扱える点も褒められており、外国製の液タブは怖いというイメージが無くなったとも。

バッテリーが無くなっても安物だからすぐ購入出来るとも良いという書き込みもあり、口コミではコスパの良さや低価格帯ならではの良さがあると人気がありました。

性能自体への評価ももちろんあり、スペックは文句無しでプロ用の液タブには流石に叶わなくても、絵を描きたい時に綺麗に描けて、使いやすくてペンもしっかり反応してくれるとして好評でした。

役に立ったと言われたコメント

口コミの中でも特に役に立ったと言われているコメントは、外国の企業なのに日本語対応のサポートがしっかりしているというものでした。

不具合があった場合にメーカーへ問い合わせをすると大体の外国企業はサポートが不満だと言われたりしがちなようですが、GAOMONの場合はその点をしっかり丁寧に対応してくれるそうです。

コメントではケーブルが不良品となるの否やすぐに新しいケーブルを送ってきてくれて1日で交換できたのがとても嬉しかったと書かれています。

安物の液タブと侮っていたがこんなに丁寧な対応してくれるなんてとも言っており、サポートの厚さは心強い要素と言えます。

更に性能に関してもコメントしてあり、発色の良さはワコムなどの他の液タブよりも良く、綺麗な色合いのイラストを描けると絶賛していました。

ですがマイナスな意見も書き込んでありました。

マイナスな意見としては、導入までにかなり癖があり、普段他の液タブなどに慣れている人からしたらやりにくいらしいです。

その点は頑張って導入するしかないようですが、マニュアルもありますし使用者コメントなどを見ながら導入すると大丈夫そうです。

役立つと言われているのは確かだというほど的確で良いコメントではあり、これを参考にして液タブを比較したり、液タブの購入を検討してみる価値もあります。

まとめ

高いイメージのある液タブですが、最近は本当に高性能かつ低価格な液タブがこうしてあります。

もちろんブランドものという訳ではないですが、それでも使いやすさやサポートの暑さはコメントを見る分にはしっかりしていて人気もかなり伸びてきているようです。

液タブ使いたいけど高いと諦めていた人は、この低価格な液タブを使ってみてほしいです。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です